読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

スパイスカレー

おはようございます。

 

具材をスパイスが入った液で煮たものならなんでもカレーという体でやっていきたいと思います。

スパイスで炒めてから煮たものでもいいかと思われます

にありいこーるというやつです。

 

f:id:nitolon:20160901181102j:plain

 

具材氏です。

鶏足 ズッキーニ タマネギ ニンニク 生姜などです。

セロリが入ってもいいですし、煮込んで美味しそうならなんでもいいです。

全部ぶちこんで作るごった煮カレーも好きです。

今回はスープカレー方式を取ります。

理由は見栄えがいいからです。

 

f:id:nitolon:20160901181103j:plain

 

盛り付けに使う野菜氏です。

これも焼いてのっけていいならなんでも良いです。

思いつきと気持ちを大事にしましょう。

 

f:id:nitolon:20160901181104j:plain

スパイスとトマトです。

ガラムマサラカレーリーフ、パプリカパウダー、ターメリック、カルダモンです。

クミンなどが入っても良いですし、面倒ならカレー粉で充分です。

個人的にカルダモンが大好きなので山程入れます。

 

f:id:nitolon:20160901181105j:plain

 

ニンニク、生姜と鶏足をオリーブオイルで炒めます。

f:id:nitolon:20160901181108j:plain

 

適当に焼色がついたら取り出します。

f:id:nitolon:20160901181109j:plain

 

野菜氏を入れて炒めます。

 

f:id:nitolon:20160901181106j:plain

 

蒸しちゃってもいいです。 加熱できればいいんです。

 

f:id:nitolon:20160901181107j:plain

 

2日ほど前に作って残っていたラタトゥイユを入れます。

この工程は無くても構いません。

あったので入れただけです。

 

f:id:nitolon:20160901181110j:plain

鍋に移して水をひたひたより少し上くらい入れて月桂樹の葉とだしパックを投入します。

月桂樹の葉ローリエと言いますが、名前がどうしても覚えられません。

だしパックは茅乃舎だしを使います。

キューブコンソメでも粒形コンソメでもブイヨンでも鶏がらスープのもとでもなんでもいいですが、入れると簡単においしくなります。

入れなくてもなんとかなるにはなります。

 

f:id:nitolon:20160901181111j:plain

 

トマト氏も加えて香辛料を入れます。

思うがままに入れましょう。 カレーは許しを与えてくれます。

辛くしたい場合はトウガラシを入れましょう。

 

 

f:id:nitolon:20160901181112j:plain

1時間ほど煮た所です。

このままでもいいのですがカレーリーフが口に残るのが嫌な場合は漉します。

塩、胡椒を足して味見もしましょう。

 

f:id:nitolon:20160901181113j:plain

 

漉しました

 

f:id:nitolon:20160901181115j:plain

別鍋でキャベツを軽く煮ます。別鍋でなくてもいいです。盛り付けの問題です。

 

野菜はそれぞれ焼いておきましょう。 芋は煮ます。

 

f:id:nitolon:20160901181114j:plain

 

すると混沌から形が産まれいつのまにか盛りつけられています。

味が薄い場合は醤油などを足しても構いません。

きのこは途中でそういや冷凍庫に存在していた事を発想したので入れました。

きのこはなんでもいいですが入れると味が良くなります。

どんどん入れましょう。