読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

もも肉の低温調理したもの

謎肉を頂いたので調理していきます。私です。

 

f:id:nitolon:20161018224446j:plain

 

とりあえず3日ほどキッチンペーパーを取り替えつつ熟成させておきました。

塩コショウをガリガリやって、ローズマリーを揉み込みます。

 

f:id:nitolon:20161018224447j:plain

 

オリーブオイルとバターを適当に入れてから空気を抜いて65℃のお湯に入れて発泡スチロールにさらに入れます。

 

温度管理が出来る人は60℃以下で色々やるといいかと思います。

 

f:id:nitolon:20161018224448j:plain

 

湯温が40℃を切り始めると雑菌の危険性があるので引き上げます。

2時間は最低やりましょう。

 

するとこのように素敵な色に仕上がります。

 

f:id:nitolon:20161018224444j:plain

 

袋に残っていた脂とドリップをフライパンにあけ、にんにくとバター、白ワインを追加して加熱します。

赤ワインでもいいんですが今回は酸味がほしかったのでシャルドネの白ワインを使いました。

 

ピノとか使っても美味いです。

 

シラー系統も合います。

 

赤を使う場合ははちみつやメイプルシロップ等でかなり甘めに仕上げると美味いです。

 

f:id:nitolon:20161018224443j:plain

 

醤油と以前作ったトマトソースを足し、塩コショウと適当に香辛料を入れます。

クミンとかあると香りがいいです。

 

f:id:nitolon:20161018224445j:plain

 

盛り付けるとこうなります。

 

上にのっているのはラタトゥイユの残りとゆずです。

あとイタリアンパセリ

 

ゆずはとりあえずなんでも合うので美味いです。

 

肉の表面を焼くかという思いもありましたが、これだけ柔らかい肉を別に固くする必要はないなと判断しました。

 

一度冷蔵庫等で冷やしてからバターで焼き、低温のオーブン等で温めるのが良い気もしますが一人で食べるのでこんなもんでいいでしょう。

 

味は肉の繊維が細かく、柔らかく舌に残ります。

いい意味で肉の香りや味が強く、酸味を強くしたソースもとても合います。

 

今度は赤ワインで甘めのソースでもやってみてもよさそうです。

 

 

f:id:nitolon:20161018224441j:plain

 

これは今日の昼飯です。

 

f:id:nitolon:20161018224442j:plain

 

これは今日の夕飯です。

 

こんな生活をしていると病院にお世話になることになります。

お酒は慎みを持って飲みましょう。

 

 

ハマグリの酒蒸し