読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

チリビーンズと夜食にポタージュ

ミルドラース出勤、私です。

 

ようやく口内炎君の怒りが収まったようなので少し辛い料理をシていきます。

 

f:id:nitolon:20161027231707j:plain

 

材料です。手前の緑のは浅漬けにしといたセロリ。

鶏足は結局使わなかったので無視してください。

代わりに別のものが入ります。ひき肉が倍入ったことも気にしてはいけません。

材料をとったあとにインスピレーションが湧き上がることはままあります。

そういうことです。

 

f:id:nitolon:20161027231706j:plain

とりあえず全部みじん切りにして炒めます。

f:id:nitolon:20161027231710j:plain

オリーブオイルで適当に炒めましょう。

f:id:nitolon:20161027231708j:plain

 

ここに昨日揚げて食べていなかったフライドチキンがあります。

 

f:id:nitolon:20161027231709j:plain

刻んでしまいましょう。

 

f:id:nitolon:20161027231711j:plain

湯気で曇っていますが、ひき肉を入れて炒めてフライドチキン刻んだ物を入れてついでに白ワインが入った状態です。

鶏肉が赤いのは火入れが浅かったからです。

 

f:id:nitolon:20161027231712j:plain

トマトソースの残りとトマト缶半分とチリパウダーを半瓶ほどぶちこみます。

チリペッパーを半瓶も入れると辛くて大変になりますので瓶をよく確認しましょう。

 

f:id:nitolon:20161027231713j:plain

煮込むので鍋にうつしてキドニービーンズの水煮を入れます。

中の液体ごと入れてもいいんですが私はなんとなく軽く水切りしてから入れてます。

 

f:id:nitolon:20161027231703j:plain

あとはトマトが溶ける程度まで煮ましょう。

ここらへん豆が崩れるまで煮る派閥もあっさり煮る派閥もあるのでお好きに派閥をコウモリしましょう。

味見して塩コショウで整えます。

味が足りない場合は粒径コンソメでも少しいれると万事解決します。

f:id:nitolon:20161027231700j:plain

もりつけて食べる時はチーズかけて食べるとなおいいです。

パンにのっけてもいいですし、フライドポテトなんかにかけても美味いです。

これにカレー粉入れるとカレーになります。

これらは明日食べるので味見を家族に任せて夜食を作ります。

 

口内炎がまだ痛くて辛いものがつらいわけです。

 

f:id:nitolon:20161027231704j:plain

 

賞味期限が怪しい手羽先とフライドチキンの骨とジャガイモを茹でます。

手羽先と骨はあったから入れてるだけで、芋だけでもいいです。

芋は食べる人数*小ジャガイモくらいで数えておくといいです。

私はどろどろ系が好きです。あまり多いとピュレになります。

 

f:id:nitolon:20161027231702j:plain

マッシュルームとしめじを多めのバターで炒めます。

今回は手元にあったきのこが彼らだったので使っていますが、オススメはしいたけです。

味が出ます。

マッシュルームはできればブラウンを使いましょう。

味が出ます。

 

f:id:nitolon:20161027231705j:plain

結構気合入れて炒めたら白菜と長ネギを炒めます。

これも手元にあったからです。

白菜は旨味と甘みが出るのでオススメです、ネギも甘み要員です。

割りと気合を入れて炒めてもいいです。

すると香ばしくなります。

しなくてもいいです。

f:id:nitolon:20161027231659j:plain

さきほどの鍋から手羽先と骨を取り出して炒めた野菜たちを釜茹での刑します。

手羽先は酒のつまみにでもしようかとポン酢をかけたところで禁酒してたのを思い出して家族が食べました。

骨は捨てました。

骨を食べる人は食べましょう。

月桂樹の葉で香り付けしてます。

鶏で今回は出汁をとりましたが、無い場合はニンニクをよーく炒めて入れるか、コンソメスープのもと使うか茅乃舎だしでも使いましょう。

茅乃舎だしは家にあるので使ってるだけで和風だしパックならなんでもいいかと思います。

 

白菜が透き通るまで茹でたらブレンダーかミキサーあたりで混ぜましょう。

ブレンダーが無いので一端冷やしてからミキサーにかけました。

その後温め直して味見をして塩コショウで整えましょう、なんなら醤油でもいいです。

牛乳は好みで入れたり入れなかったり出したり出さなかったりしてください。

 

今回は入れてません。

 

f:id:nitolon:20161027231701j:plain

盛り付けるとこんな感じです。

寒いので温まります。

バケットやビスケットなんかを砕いて入れながら食べてもいいです。

 

冷えてくると塩気が強く感じられる事があるので控えめのがいいです。

パスタと和えてもけっこういけます。

その場合は鮭でも焼いてほぐして混ぜるとなおいいです。

タラでもいいでしょう。

なんなら鯖でもいいかもしれません。

 

 

 

伊豆に行きたい、伊豆だけに。