読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

鯛出汁あんこうなべ

お前の全身全霊が足、私です。

the Pinballsの新譜買いました、おすすめです。

 

さて、なんか鯛で出汁とったあんこう鍋とかいう狂気の沙汰をどこかで見たので探したところ

リアル美味しんぼ - barzamkun

 

こういう記事が出てきたのでやってみようと言う事でやりました。

 

f:id:nitolon:20161206152848j:plain

 

とりあえず皮剥いで切った鮟鱇さんです。

色々グロテスクですが構造は魚なのでそうかわりません。

軟骨が多いので捌きやすいまであります。

 

f:id:nitolon:20161206152849j:plain

背骨周りの肉です。

適当に骨取ってぶちます。

ぶつ切りにするわけですね。

 

f:id:nitolon:20161206152846j:plain

 

七つ道具のうち五つです

エラ ヒレ 胃 皮 頬肉あとなんだか忘れました。

 

f:id:nitolon:20161206152847j:plain

肝です。

3,2キロの鮟鱇にしては立派であたり引いた気持ちになります。

塩と酒でマリマリしておきます。

 

 

f:id:nitolon:20161206152859j:plain

七つ道具さんたちはぬめりが臭みになるので頬肉以外軽く茹でて氷水で〆て包丁なんかでしごいてぬるぬるをとります。

エラは大泉洋みたいになりますが食べると美味いのであまり気にしない事です。

 

f:id:nitolon:20161206152852j:plain

 

残ったあらは味噌汁なんかにするとすごい美味いんですが今回は茹でて共和えにします。

 

f:id:nitolon:20161206152856j:plain

 

塩して干しておいた鯛に包丁入れて焼きます。

 

f:id:nitolon:20161206152857j:plain

 

昆布と一緒に出汁をとります。 しょうがは念のための臭み取りです。

 

f:id:nitolon:20161206152850j:plain

途中味が足りなくて鰹節で出汁を追加したら見た目が汚れましたがまあ気にしない方向でいきます。

薄口醤油と塩で塩味も足します。

 

f:id:nitolon:20161206152851j:plain

 

今回の具です。

肝は適当なところを切って置いておきます。

 

f:id:nitolon:20161206152853j:plain

 

全景です。

家でやる料理じゃないのではないかという疑念が湧き上がります。

そんな事を言うと今までの料理の多くがダメージを受けるのですが置いておきます。

 

f:id:nitolon:20161206152854j:plain

 

はい

 

f:id:nitolon:20161206152855j:plain

 

まあこんなもん不味い理由がひとつも存在しないんですがね。

ポン酢と大根おろしも用意したんですが必要のないくらい旨味が濃いです。

濃すぎて舌がビリビリきます。

七つ道具は触感で頭をやっていきますし、皮が特にいいです、最高。

肝は言うまでもなく最高。

白菜は甘いです、甘いって美味いんですね。

この後鯛を崩したりつついたりしてました。

日本酒がないのが心底悔やまれます。

 

f:id:nitolon:20161206152858j:plain

 

最後に雑炊にして終わりました。

三人で食べる量ではないと思いますが、美味いので問題ないです。

 

f:id:nitolon:20161206152901j:plain

 

あと肝はアルミで包んで整形して15分程度蒸しました。

 

f:id:nitolon:20161206152900j:plain

 

あん肝ポン酢でもしたいところですね。

 

共あえに使うのをためらっているので現在は共と肝だけが存在しています。

 

 

そういうことです。