読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

芋とチーズ

前略おふくろ様、わたしです。

 

芋があり、芋があったのです。

新米姉妹のふたりごはんを読んでいたところラクレットが美味そうだったのでチーズと芋を食いたい気持ちになりました。

 

しかし芋に普通のチーズでは味が濃すぎると判断したので何かこうそれっぽくどろどろさせればいいかと決心した次第でございます。

チェスト関ヶ原

 

府の七忍をみなさん買いましょう。

 

f:id:nitolon:20170127215609j:plain

 

さて芋です。

以前もらった芋がまだ30キロ近く残っているので無理やり消費している段階です。

種類は謎です。

 

とりあえず洗って皮を剥ぎます。

 

f:id:nitolon:20170127215608j:plain

茹でましょう。

水から茹でるべきかお湯でやるかは未だに論議が続いているそうなのでどちらでも良いとします。

ジュエル・ロブションは水からやるそうです。

f:id:nitolon:20170127215607j:plain

 

ついでに玉ねぎとブロッコリーもやります。

 

f:id:nitolon:20170127215610j:plain

 

適当に鍋に入れてオリーブオイルと水少し入れて蒸すような感じで加熱しておきました。

 

f:id:nitolon:20170127215611j:plain

 

芋は適当に粉ふきいもにしてあります。

塩胡椒で軽く味をつけておきましょう。

 

ホワイトソースを作ります。

 

f:id:nitolon:20170127215614j:plain

 

バター30g 小麦粉30g パルメジャーノ好きなだけを混ぜます。

レンチンしてバターを溶かして混ぜておきます。

f:id:nitolon:20170127215613j:plain

混ぜました。

 

パルメジャーノは後から加えた方が無難です。

レンチンしてる間に固まりそうになりました。

 

f:id:nitolon:20170127215612j:plain

 

適当に牛乳を温めて先程の混合物を混ぜていきます。

500ml~700ml程度だと思われます。

f:id:nitolon:20170127215616j:plain

するととろみがついてきます。

 

f:id:nitolon:20170127215615j:plain

 

好きなだけチーズをぶちこみます。

アメリカンな気分に浸ります。

 

f:id:nitolon:20170127215617j:plain

 

塩コショウで味整えます。

ナツメグも少し入れてます。

味見をするととてもパワフルにチーズです。 柔らかめのマカロニ入れればマックアンドチーズが完成しそうです。

 

f:id:nitolon:20170127215619j:plain

 

耐熱皿にやさいを載せます。

 

f:id:nitolon:20170127215618j:plain

 

チーズソースをかけてパン粉を降ってオーブンします。

オーブンでブンというのはダブル・ミーニングな気がするのでオーブンするでも通じると信じます。

 

レンジする

チンする

レンジでチンはどこからチンが発生したのでしょうか。

オーブントースターもチンと鳴きます。

 

f:id:nitolon:20170127215621j:plain

 

240℃で焼き色付くまで焼きます。

いい香りですね。

 

f:id:nitolon:20170127215622j:plain

 

あとは食べます

芋 チーズ 芋 チーズ  芋 芋 玉ねぎ チーズ 芋 チーズ

ラブリー

 

不味い理由がひとつもない料理なので味は美味いです。

 

モンティ・パイソンのスパムの多い料理店を見たくなりました。

白ワインと食べるとなお良いです。

コーラでもいいかもしれません、あるいはビールでも良いでしょう。

 

 

 

スパムスパムスパム茹でた豆