読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食通知ったかぶり

作ったものとかです タイトルは小説より引用させて頂きました。 プロフィールを一読下さい。

ナポリタン

二日酔いの度に人間の愚かさを学びます、私です。

 

ビールでも大量に飲むと二日酔いしました。

 

悔しいので今度は黒ラベルでもう一度挑戦したいです。

 

さてナポリタンです。

2回目かもしれませんが完成度が上がったのでそういう事です。

 

ナポリタンも店の味というものがあり、それになんとか近づけようと色々やって今の形ができました。

 

f:id:nitolon:20170127215629j:plain

 

材料達です。

 

ギョニソは後で賞味期限が去年だという事が判明して消滅しました。

 

f:id:nitolon:20170127215630j:plain

 

まず麺を茹でます。

 

 

ボルカノ ローマンスパゲッチ (2.2mm) 4kg

ボルカノ ローマンスパゲッチ (2.2mm) 4kg

 

 

こいつを使ってます。

2.2mmの麺とかいう頭のおかしいサイズですができるだけ太い方が良いです。

できれば2mmを超えていくと良いでしょう。

 

湯で時間も基準が17分と長いです、この後水で〆るので20分くらい長めに茹でます。

 

茹でてる時に高確率で麺がくっつくのでサラダ油入れたりかき混ぜたり色々しましょう。

 

f:id:nitolon:20170127215634j:plain

 

茹でた麺は流水で徹底的に洗って水気を切ってこのようにしておきます。

サラダ油を上からかけてラップして1日冷蔵庫で寝かせましょう。

最低でも3時間くらいは休ませた方いいです。

 

f:id:nitolon:20170127215631j:plain

 

ソース作ります。

トマト感と玉ねぎニンニクをミキサーにかけたものをオリーブオイルで加熱している図です。

あったのでセロリも入れました。

 

f:id:nitolon:20170127215632j:plain

 

ある程度水分が抜けてきたらケチャップとソース、バジルと塩コショウ、ナツメグを気持ち入れます。

 

f:id:nitolon:20170127215633j:plain

 

このようになりました。

 

ケチャップだけだと甘さが勝つのでトマトソースで酸味と塩気を補ってしまおうという戦略目的です。

この時ケチャップは必ず砂糖が入ってるものを使いましょう。

合成甘味料は敵です、あいつらは味がふにゃらかになりボケるので排除しなくてはいけません。

 

f:id:nitolon:20170127215635j:plain

 

具です。

 

f:id:nitolon:20170127215636j:plain

 

バターで炒めていきます。

 

f:id:nitolon:20170127215639j:plain

 

上に麺を載せて日本酒を少し入れて蒸らすイメージでいきます。

麺が冷えてるのでここであたたまるのを待ちます。

 

f:id:nitolon:20170127215638j:plain

ある程度まで炒めていきます。

結構気合入れて強火で炒める事が肝心です。

 

f:id:nitolon:20170127215640j:plain

 

ソースを入れて味をつけましょう。

塩気が足りない場合は塩コショウや醤油を入れて調整します。

甘さが欲しい時はケチャップを追加します。

 

f:id:nitolon:20170127215641j:plain

 

こうなります。

麺が全てだと言っても良いくらい大事です。

あとはなんとかなります。

むさしや や ジャポネ の味に近づけたいので要研究ですが現時点でも及第点くらいはもらえるんじゃないかと思ってます。

 

盛り付け時には炒めてないピーマンを載せると色合いがよくなります。

次回こそはギョニソでやりたいところです。

卵で包んでオムナポリにしても美味いです。

炭水化物抜きやってるんで味見しかできませんが手伝いの人の昼飯に出す分には問題がありませんでした。

 

このソースですがケチャップライスに使っても美味いです。

 

 

 

 

おニャン子クラブって全員受けなんですかね。